写真館をWordPressプラグイン「Photo Gallery」で作成

スポンサーリンク

サーバーをMixhostに変えたことで、WordPress以外にもたくさんのソフトウェアが用意されていて、その殆どがワンクリックでインストールが出来てしまうという大変便利なサーバーです。有名なものから一度使ってみたいと思うようなものが多数用意されています。

中でもサイトを開設している者にとって必要不可欠なのが、訪問者が自分のサイトにどのようにして来てくれているのかを把握するための統計や追跡を行ってくれるソフトが有るのが嬉しですね。例えば「Piwik」などが簡単にインストールできるのは良いですね。

私も上記の「Piwik」をインストールしましたが、Mixhostには標準で「Awstats」というソフトが使えるようになっています。「Awstats」だけでも相当詳細に分析することが出来ますので、それだけでもサーバーを変えてみる価値はありそうです。

私の場合は写真を多く使っているものですから、「見せ方」ということについていろいろ悩んでいます。出来るだけきれいに見てもらいたい、写真を軽くしてサイトに来てくれる人のイライラを軽減したい、飽きられないようにしたい、変化に富んだギャラリーを作成したい・・・・

それで私のサイトには「写真館」というコーナーを作り、Mixhostが用意してくれているギャラリーソフトウェアを使っていましたが、今イチしっくりこないんですね。有名なソフトウェアでは「Zenphoto」とか「phpAlbum」「Gallrey」など、そのソフトウェアの殆どが外国製というのであって微妙に使い勝手が悪いとか、PHPのバージョンが違っているとうまく表現されないとか・・・。

次の方法として考えたのがWordPressのギャラリープラグインを使う方法。正直、私はWordPressのギャラリープラグインを軽視していました。でも試しにインストールして使ってみようと思って、実際にいくつかのプラグインを使ってみましたが、驚いたことに自分が思っている以上に、はるかに優れたものばかりです。Mixhostに用意されているソフトウェアも有名で素晴らしいものばかりです。しかし、WordPressのプラグインは使い勝手がとても良く、また見栄えも良いものばかりで、軽視していたWordPressのギャラリープラグインを見直してしまいました。と言った具合でWordPressのプラグインを使ってギャラリーを構築していくことに決めました。

プラグインも数多く存在していますが、私が選んだプラグインが「Photo Gallery」。

 

ここでは使い方などの説明は割愛させていただきますが、採用に至った理由は来てくれる人が一番使いやすそうなプラグインだと感じたから。表現方法も数多くあり、スライドショーなども来訪者の方に簡単に出来そうなところが良いですね。

しばらく「Photo Gallery」を使ってみようと思っています。

WordPress
スポンサーリンク
記憶に残そう

コメント