サーバーをMixhostに変えました

スポンサーリンク
スポンサーリンク

サーバーを変えた理由

今まではさくらインターネットのスタンダードプランでお世話になっていましたが、9月末より「mixhost」に移転しました。別にさくらインターネットに不満があったわけではないのですが、スペック的な魅力に心が揺れてサーバーを移転する決心をしたわけです。

mixhostのホームページより

スピードは

実際に出るスピードは計測サイトで測ってみると、確かにさくらインターネットよりも「mixhost」の方が数値的には上回っています。しかし、私はスピードは通信回線を使いますので、サーバーだけのスペックや数値がいいからといって必ずしも全てがその通りになるとは思っていないんです。通信環境やWordPressのテーマによっても変わってきます。ですので通信環境や状況によってサーバーを高スペックのものに変えたところで効果が変わらないということも十分有り得ると思っています。

私の自宅での体感では「mixhost」の方が速いと感じています。

料金とプランは

ですが、「mixhost」のスペックは現時点では申し分ないと思いますし、費用的なところも良心的だと思います。私は、さくらインターネットのスタンダードプランを使っていましたので、月額費用は500円(税別)でした。今回新しくお世話になった「mixhost」はこちらもプラン名は同じスタンダードプランを契約しましたが、月額費用は980円(税別)にアップします。もう一つ下のプランでエコノミープランというものがありますが、こちらの月額費用は480円(税別)で、違いは容量がスタンダードプランの30Gに対し、エコノミープランが10Gになることぐらいで、私は写真を多く使うので容量的なことを考えてスタンダードプランにしましたが、写真や動画を多く使わないのであればエコノミープランの10Gでも十分だと思います。

レンタルサーバーは数多くありますが、「mixhost」では初期費用が掛からない(0円)のがいいところです。殆どのレンタルサーバーでは安いところでも1.000円はかかってきます。また後ほどお話しますがしますが、お試し期間が30日というのもいいところです。

お試し期間とサポートについて

「mixhost」のお試し期間は30日と他のレンタルサーバー会社よりも長いです。また、支払予定のクレジットカードの登録の必要もありません。ですので私などは、WordPressで構築していたサイトの移転を自力で「mixhost」の方へ移行しました。これも30日間というお試し期間の長さがものをいって、じっくりWordPressの移行に時間を費やすことができたのであります。私は3つサイトを運営しているので正直なところ移行にはかなり大変でしたが、WordPressのプラグインで「All-in-One WP Migration」というのがあるのですが、そのプラグインを使って無事移行を完了することができました。「mixhost」のサイトに「All-in-One WP Migration」を使ったWordPressサイトの移行方法も詳しく載っていますので、初心者の方やWordPressに詳しくない方でも移行は十分できると思います。

そのWordPressの移行でエラーが出まして私は大変苦労をしたわけですが、お試し期間中にもかかわらずサポートの方は親切に教えて下さいました。殆どのサーバーですと「WordPressのサポートは対象外です」といった解答になるようです。当たり前のことですがレンタルサーバーとWordPressは関係ないですから、、、。ということでサポートも親切だな!と感じました。ただ、電話サポートは無くメールでのやりとりになりますので、即効性といったところでは若干不便なことになるかもしれないですね。

最後に

「mixhost」は新しい会社で、実績というところでは未知数ですが、 「クラウドとレンタルサーバーのいいとこどり」と「mixhost」自身が謳っているように、スペック的な部分と低料金というところが魅力のレンタルサーバーだと思います。

世の中レンタルサーバーは数多くあり、それぞれのレンタルサーバーによって独自の特色を持っていますので、ご自身にあったレンタルサーバー選会社を選択するのがいいと思います。

皆様のレンタルサーバー会社選びのお役に立てれば幸いです。

未分類
スポンサーリンク
記憶に残そう

コメント