広角レンズで遊ぼう

スポンサーリンク

風景写真に大活躍する広角レンズですが、高速で走ってくる新幹線撮影においてもこのような写真が撮影できます。

トンネルから出てきたところを一撃で撮影したわけですが、時速300kmで走ってくる新幹線をこのタイミングで撮影するにはちょっとしたコツが必要になってきます。

シャッターを切るのが一瞬早すぎても一瞬遅すぎても、このような感じに上手く収まってくれません(勿論ノートリミングです)。完全に完璧なタイミングでシャッターを切らないと、少しシャッターを切るのがずれただけで、新幹線の先頭が切れていたり、或いは先頭の一部だけがトンネルから出た写真になってしまいます。

では何が重要かというと、音なんですね。

トンネルに入った時点で「ドン!ゴオーーー」という音が聞こえてきます。

で、トンネルから先頭車両の最先端が出たタイミングで音が変わります。

その音が変わってからコンマ○○秒でシャッターを切るのですが、そのタイミングが難しいんです。

私も3回目ぐらいでコツを掴むことが出来ましたが、置きピンにして新幹線を目で追っていてはとても間に合いません。

殆どの撮影は目で見てシャッターを切りますが、高速で走ってくる新幹線撮影では「音」がかなり重要なのです。

日々精進ですね!

写真
スポンサーリンク
記憶に残そう

コメント