18%グレー標準反射板

スポンサーリンク

Nikon 18%標準反射板 18R。一つは持っていなければいけない必需品のアクセサリーです。

カメラが明るい若しくは暗いを判断している基準の色が18%グレーです。その実際の色が上の写真になります。
この色よりも明るいとカメラが判断した場合、暗く写そうとします。逆にこの色よりも暗いと判断した場合は、明るく写そうとします。

例えば雪で真っ白になっている風景があったとします。その場合カメラは明るすぎると判断し暗くしようとしますので、真っ白な雪景色が暗い白色(グレー)になって綺麗な雪じゃない!といった経験をされた方もいらっしゃると思います。
そういう場合は人間の手で補正してあげる必要が生じてきます。雪の場合ですと+1補正というのが一般的です。

カメラは黄色や赤といった色で判断していないんですね。18%グレーを基準に明るくしたり暗くしたりしているのです。

この18%グレーが明るさの基準というのをよく頭に入れていただいて、撮影に望まれると出来上がりが違ってきますし腕が上がってきます。

この18%グレーを少し応用することによって撮影の幅が広がってきます。このことに関しては後日改めてページを割いて説明したいと思います。カメラに任せた撮影から、自分の意図した撮影にレベルアップしていきましょう。

今日のところは、カメラの明るい暗いの判断は18%グレーを基準にしているということだけ頭の中に入れておいてください。

具体的な使い方や、意図した設定の仕方については後日に!!

本日は以上です。

写真
スポンサーリンク
記憶に残そう

コメント