自撮り棒を消して撮影できる360°カメラの登場

スポンサーリンク

8月28日に画期的なカメラが発売になりました。


その名を「Insta360 ONE」といい、i phoneに対応したスマートフォンに「Insta360 ONE」を直挿しするタイプの360°カメラです。

機能はかなりのハイスペックで、2400万画素(6.912×3.456)の360度静止画と4K対応(3.480×1.920@30fps)の360度動画が撮影可能。国内価格は税込42,999円。

まずはこの映像をご覧下さい。

マトリックスの有名なシーンに似たバレットタイム撮影のような映像は、「Insta360 ONE」に付属するヒモを取り付けて振り回した映像であるようです。

通常の360°カメラですと、カメラから外に向かって360°撮影するようになっています。しかしこの「Insta360 ONE」は外向けの撮影にプラスして、特定の被写体を指定すると、そこを中心にして映像を編集してくれたり、自撮り棒や紐をつけて回して撮影すると、自分を中心としてグルっと回るような「バレットタイム」のような映像になり、しかも、アプリで自撮り棒や紐を消してくれるので、本当に空から撮ったような映像になるのだそうです。

映像を見ると自撮りの場合、どうしても自分を写そうと右手を高く上げているので(右利きの人の場合)、自撮り棒や紐をアプリで消しても、右手だけが空に向かって一直線になっているので、空に何かあるのかな??というような感じで、少し慣れるまでは少し違和感みたいなものを感じますね。

家族や仲間で旅行に行った時などには重宝するような感じで、いい思い出作りに一役かってくれそうな面白いアイディアを持ったカメラだと思います。

カメラ
スポンサーリンク
記憶に残そう

コメント