ニコン D850が9月8日発売開始、どんな人が買うカメラなのか

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ニコンD850、9月8日発売開始が正式に発表されました

 

公式サイトからの写真になります

 

ニコンより9月8日にかねてから噂されていたフルサイズデジタル一眼レフカメラD850が発売されると発表されました。ニコンの発表はこちらになります。

予想実売価格が40万円といわれています。

 

主な特徴

有効画素数4575万画素や高速連続撮影性能(ボディー単体で約7コマ/秒、マルチパワーバッテリーパック「MB-D18」装着時で約9コマ/秒)。また、「D5」と同じ高速・高精度な153点AFシステムも備え、動きのある被写体をより確実に捉えます。

 

どんな人が買うべきカメラなのか

「D850」の最大の特徴は高画素(4575万画素)になったこと。これによりトリミングしても十分に画質が保てるようになったことだと思います。実はこの画素ですが、画素が多ければいいっていう単純な話ではないんですね。センサーサイズが関わってくるのです。

今回の「D850」や私が持っている「EOS5DMark4」などのセンサーサイズは「フルサイズ」っていわれているサイズです。「EOS7DMark2」や「EOS80D」などは「APS-C」といわれている少し小ぶりなサイズです。その「APS-C」よりもまだ小さいサイズのセンサーを「フォーサーズ」といっており、「フルサイズ」といわれるフィルム時代の35mm版のセンサーサイズのものが他の「APS-C」や「フォーサーズ」よりも画質は良いです。なので単純に○○3000万画素、△△2000万画素だけでの比較では語れないんですね。

「D850」はフルサイズで4575万画素機なので、かなりいい画質の写真が撮影できると期待されています。

 

ではそんな高画質機を使いこなせる人はどんな人なんでしょうか??

この「D850]はニコンでもフラグシップ機ではないんですね。予想価格で40万円もするのにですよ!!ニコンのフラグシップ機は「D5」です。キヤノンなら私が持っている「EOS5DMark4」も2番手で、フラグシップ機は「EOS1DXMark2」になります。

ところがキヤノン、ニコンのフラグシップ機は共に高画素機ではないんですね。「D5」が2133万画素で、「1DX」になると2020万画素しかありません。つまり両メーカーとも画素数でいうと2000万画素もあれば十分だという考えのようです。今の時代は殆どパソコンで写真を見る人が多いと思うのですが、今のモニターで写真鑑賞をするなら2000万画素もあれば綺麗に見れるということなのでしょう。

では高画素の恩恵を考えて見ましょう。まずトリミングしても画質が保てるということ、それを踏まえてもう一歩踏み込んで考えてみると、写真をネット販売サイトで販売している人はトリミングしても出来るだけ大きなサイズで販売できる可能性が多くなったので、確実に恩恵を受けられるでしょう。また、プリントアウトして作品を積極的にコンテストに応募したり、発表しているような人にとってもいいでしょう。

 

結論

写真をブログにあげたりインターネットで見る上では高画素機は必要ないと思います。2000万画素以上もあれば十分だと思います。そんな人は「D850」クラスは必要ないでしょう。もう少し性能が低いカメラでいいので、レンズに投資するほうがいいと思います。

結論として「D850]は写真を販売、作品として撮影する人向けのカメラだと思います。

 

 

カメラ
スポンサーリンク
記憶に残そう

コメント