キヤノンフォトアニュアル2017が来ました

スポンサーリンク

去年(2016年版)から購読している写真年鑑「キヤノンフォトアニュアル2017」が今日自宅に届きました。春先に予約してからまだかまだかと首を長くして待っていましたので、表紙を見たとたん思わず嬉しくなってしまいました。この「キヤノンフォトアニュアル2017」ですが、著名写真家による作品ギャラリーや「日本の風景30選!」ジャンル別「私のカメラセッティング」などの特集をはじめ、キヤノンフォトサークルの一年をまとめた書物にもなっています。
ほんとうに素晴らしい写真がたくさん掲載されており、私は去年はじめて見たときから永続的に買おうと思いました。
その今日届いた「キヤノンフォトアニュアル2017」のことについて少し感想を書いてみたいと思います。

「キヤノンフォトアニュアル2017」の表紙はこんな感じ

去年のものと並べてみるとこんな感じ

詳しい内容や掲載写真については有料の書物なのでここでは控えさせていただきますが、著名写真家の作品には流石にすごいな!!と感じてしまい感動・感動の連続です。これだけを見るだけでも買った価値がありそうです。

私自身こういった写真年鑑を買う理由としては、プロ写真家やフォトサークルの入選作品の技術を学び、自分の今後の写真活動に活かすことがありますが、何よりも一番大きな購入理由はモチベーションアップというか意識付けですね。
写真雑誌の購入も情報収集や技術力アップには役立ちますが、私個人的に芸術としての写真を意識していますので、そういった面から捉えると素晴らしい作品、感動する作品をより多く見ることが重要だと考えるからです。

今回の中では米美智子さんの写真が本当に素晴らしかったですね。少しだけ言わせてもらうと朝日に照らされた流氷の写真は一番印象に残っています。彼女の作品は着眼点もすごいですが、卓越した表現力が個人的に好きですね。まるでその場にいるような臨場感というか奥行き間があってとても良いですね。
私は決してキヤノンの回し者ではございませんが、ぜひ写真愛好家の方々には見ていただきたい書物です。
私もそんな写真が撮れるよう頑張っていきたいと思います。日々精進です!!

書物
スポンサーリンク
記憶に残そう

コメント