RAW現像ソフトの選び方と手元においておきたい書籍

スポンサーリンク

スポンサーリンク

RAW撮影が良いのかJPGが良いのか?

デジタル一眼レフでの撮影の際、私の場合は殆どがRAWで撮影しています。JPGでの撮影は全くしないですね。RAWで撮影してから後でJPGに変換してブログや写真サイトに投稿するといった手順になっています。RAWだと後での調整に適しているという長所があります。ですがファイルサイズが大きくなってしまうといったデメリットもあります。JPGだとファイルサイズは小さいですが、調整できる範囲が狭いといったところがあり、どちらも一長一短があるのですが、デジタル一眼レフユーザーの場合、今は殆どの人がRAWで撮影して調整すると言うパターンが一番多いのではないかと思います。

RAW現像ソフトは何が良いのか?

RAWで撮影した写真を編集をしなければいけませんが、編集ソフトは何が良いのかを検討してみたいと思います。おそらく世界で一番多くのユーザーが使っているRAW現像ソフトはAdobeのLightroomではないでしょうか?あとは国内メーカーのRAW現像ソフトで評価の高いSILKYPIXが2番手当たりで利用されているのではないでしょうか。両ソフトとも有料のソフトになっています。他に無料のソフトになりますが、カメラメーカーが自社のデジタル一眼レフカメラを買った人に無料で付いているRAW現像ソフトがあります。キヤノンならDPP4というソフトです。他にGIMPとかネット上で無料で使えるソフトも多数あります。

どのソフトを使えば良いのか

私は上述のLightroom、SILKYPIX Developer Studio Pro8、DPP4を使った経験があります。どれも素晴らしいソフトです。ここで各ソフトの特徴を見ていきましょう。

Lightroom

このソフトは有料ソフトで月額980円(税別)で利用することが出来ます。ソフトの代金を一括で買うのではなく月額980円という月額制という金額になっていることから、常に一番新しいバージョンで使うことが出来るというメリットがあります。
公式サイトからの言葉を借りると、「 Photoshop Lightroomは、デジタルカメラ、特にデジタル一眼レフカメラを使用する方向けの写真編集ソフトです。写真の管理から現像、編集、共有まで、写真愛好家やフォトグラファー の必要とする多くの機能を搭載しています。プロアマ問わず多くのユーザーの意見・要望を反映したRAW現像機能やインターフェースは、直感的で使いやすいと好評を得ています。」

SILKYPIX Developer Studio Pro8

このソフトは国内産のものなのでとても使いやすいソフトです。Lightroomと違って料金は購入時一括支払いになります。が、よほどの大きな変更ない限りアップデートはしてくれますので、その後の支払いもそんなにありません。
公式サイトからの言葉を借りると、「SILKYPIXシリーズはデジタルカメラで撮影された「RAWデータ」を高画質に編集し、美しい写真に仕上げる事のできる純国産の「RAW現像ソフト」です。カメラメーカー各社のRAWデータ650機種以上に対応しており、多くのプロカメラマンや写真愛好家から支持されています。また、カメラ同梱のソフトウェアとして多くのカメラメーカーからもご採用いただいております。2004年の発売以降、「高画質」を追及し続けるRAW現像ソフトがSILKYPIXシリーズなのです。」

DPP4

ことらはキャノン製品に付属ソフトとして付いてくるものになります。なのでニコンや他社のデジタル一眼レフカメラで撮影した現像には当然のことながら適していません。このDPP4の最大の特徴は無料であるということ。無料でここまで精度の高い製品はないとカメラやさんのスタッフが言っていました。上述のLightroomやSILKYPIXシリーズと遜色ないほどの作業が出来ます。また、キヤノンと契約されている著名なプロカメラマンの撮影で使われているアルゴリズムがDPPの現像で使えるといったメリットがあります。これはキヤノンならではのカメラメーカーの特徴になりますね。操作感が若干重たいといった声も聞きますが、私には苦痛と感じることは今までなかったですね。

お勧めRAW現像ソフトは

長い目で見た場合はLightroomが一歩抜きん出ていると思います。ただ、月額980円は本当に趣味に没頭しているといえる人やヘビーユーザー、若しくはプロ以外の人には勿体無いと思います。そこまでお金をかけなくても私はいいと思います。
個人的に色(とくに人物の肌色)はSILKYPIXシリーズがお勧めです。使いやすさも国内産でAdobe独特の癖がないのもお勧めの要素です。
最後はDPP4。キヤノンのデジタル一眼レフカメラ本体、レンズの特長を最大限発揮できるソフトです。無料でここまで出来るソフトなので使わない手はないです。

最後に

手元には各ソフトの操作を説明している本を困ったときの参考書がてらに置いておきましょう。きっと今よりも一歩進んだ現像でブログや写真投稿サイトにアップロードできることになるでしょう。また知らないことやお勧めのアルゴリズムでの現像も出来るでしょうし、何よりも本のほうがインターネットで探すよりも知りたいことを見つけやすく利便性があります。本1冊で現像の幅が大きく飛躍的にアップすると思います。現代では撮影よりも現像が重視されていると言っても過言ではありません。現像を少しレベルアップすることで見違える写真が出来ます。ぜひお試しください!!

コメント