Cyber-shot DSC-RX100シリーズはどのカメラを買うべきか

スポンサーリンク
スポンサーリンク

RXプレミアムキャンペーン

以前の記事で「RX100プレミアムキャンペーン」が始まりましたという事を書きました。詳細は公式ページをご覧いただければいいのですが、要は、対象期間中にRX100M3,RX100M4,RX100M5の3機種の購入者全員に5.000円のキャッシュバックがもらえますよというキャンペーンです。
折角キャンペーンをしてくれているので、今回はRX100M3、RX100M4、RX100M5の3機種を比較検討しどのカメラが良いのか?またどの機種が皆さまそれぞれの撮影の目的に合っているのかを見ていきたいと思います。

 

機種ごとの違い

 RX100M3 RX100M4 RX100M5
撮影素子 裏面照射型 積層型 積層型
連写性能 10コマ/秒 16コマ/秒 24コマ/秒
(AF/AE追従)
内臓EVF
(144万ドット)

(235万ドット)

(235万ドット)
動画撮影 フルHD 4K 4K
発売年月日 2014年5月 2015年7月 2016年10月
最安値価格(執筆時、価格コム) 64.000円前後 83.000円前後 102.000円前後

*レンズは3機種とも24-70mm
*チルト式液晶対応(自撮り対応)
*Wi-Fi対応

上記のスペック表から見ると、RX100M3の撮影素子が裏面照射型からM4以降の機種は積層型になっています。積層型は従来の撮影データの読み出し速度がより高速になるという利点があります。ここからM4、M5に大きな変化になります。また動画の方も4K対応になっておりM4という機種は大きく変わったターニングポイントの機種といっても過言ではないですね。値段も相応になっていますが・・・。

 

見えないスペックから

表には無い部分からですが、M3になってから大きな進化が出ています。初代とM2には無かった装備ですが、ポップアップ式の電子ビューファインダー(EVF)が搭載されました。これにより仕上がりの状態を確認しながら写真を撮ることができるようになりました。また、補正、連写性能の向上などメリットが多くなりました。
M4とM5はスペック上ほとんど変わらないという風に見てしまいがちですが、実はそうではありません。M4とM5っていうのはカタログベースで見るスペック以上に違っているんです。それは、M5には像面位相差AFを搭載して追従性能が飛躍的に向上しAF性能がとても良くなっている部分があるのです。何と撮影素子に325点もの像面位相差AFを搭載し、連写も24コマ/秒という高速連写を可能にするとともに、AF精度といった部分もM4からM5には大幅に進化しています。勿論、撮影するときの条件というもので大きく変わってきますし、メリットを享受できない部分も出てきます。

結論

M3がバランスが取れていて個人的にはお勧めです。鳥や動きの速い被写体を写すのにはM5に比べると劣ってしまいますが、普通に撮影するのには十分すぎるスペックだといえます。M5は高速連写や精度が大幅にアップしており、デジタル一眼レフ、ミラーレスを除くと最高の部類に入るカメラだと思います。値段も高くなっていますので、お金に余裕のある方はこちらをどうぞ。
あとは5.000円のキャッシュバックはありませんが、初代のRX100が私は値段的にもお得ですすし、スペック的にも今でも十分に対応できるカメラだと思います。価格コムの最安値が36.570円ですか・・・。安い!かなり安いカメラだと私は思います。RX100については「私のサブカメラSONY Cyber-shot DSC-RX100」という記事を書いていますので、よろしければご一読して下さい。

カメラ
スポンサーリンク
記憶に残そう

コメント