私のサブカメラSONY Cyber-shot DSC-RX100

スポンサーリンク

このCyber-shot DSC-RX100は2012年に販売が開始されましたので、もう5年が過ぎているんですね。すでに後継機が4種類発売されCyber-shot DSC-RX100シリーズは全部で5機種になっています。1年に一つずつ後継機が世に出ているということですね。

スポンサーリンク

Cyber-shot DSC-RX100購入の経緯

そもそも私がCyber-shot DSC-RX100を購入するに至った経緯ですが、デジタル一眼レフカメラを毎日持ち歩くのが現実問題として困難だから買ったわけであります。持ち歩くのが困難という意味は、私はカメラマンが仕事ではなく普通のサラリーマンをやっているのですが、毎日生活していると綺麗な朝日や夕日を見たり、綺麗な花や豪華クルーズトレイン、滅多に走ることがない列車を偶然見たりすることがあります。他にも偶然にシャッターチャンスが訪れることもあります。そんな偶然を見逃すのは勿体無い。ただの自己満足でも記録として残しておきたい。そのためにデジタル一眼レフ以外ですぐに取り出せるカメラの購入が必要であると考え、検討した中で選んだのがCyber-shot DSC-RX100であったわけです。

ご承知のように私はキヤノンユーザーですが、デジタル一眼レフ以外のカメラという部分でのメーカーはどこでも良かったのです。むしろキヤノン以外のNIKONやSONYを使ってみたいくらいでした。

サブカメラ購入の条件

そんなことからコンデジ探しを始めるわけですが、購入する絶対条件は二つだけ。一つはセンサーが大きい1インチのコンデジ。二つ目は余計な出っ張りなどがないカメラで、なるべく小さくてGパンのポケットにも無理なくしまえるような物。以上の条件で合致したのがCyber-shot DSC-RX100であったということです。

初代Cyber-shot DSC-RX100を買った理由とは

わざわざ初代のCyber-shot DSC-RX100を買った訳は、購入時には後継機がすでに3世代出ていて初代の値段が3万円少しとかなり安く買えたこと。シンプルに撮影するのが私の狙いなので、わざわざタイムラプスができるとか○○ができるといったようなものは必要なかったので初代の機種で十分であった。メモリーカードはEye-Fiを使えば、現場でiPadやパソコンに写真を転送できるので、別に新しい世代を買う必要がなかったといったことから、Cyber-shot DSC-RX100の初代を購入した訳であります。

使用レビューです

使ってみた結果を報告させていただくと、やっぱり画質面やカメラワークはデジタル一眼レフの方がはるかに良いです。巷ではデジタル一眼レフと同じくらいの美しい写真が撮れるといったようなニュアンスを見かけますが、1インチのセンサーを積んだコンデジとマイクロフォーサーズのデジタル一眼レフでは勝負になりません。私から言わせて貰えば土俵が違います。 コンデジはコンデジです。ここのところは過大評価し過ぎている部分だと私は感じています。だけど急なシャッターチャンスが訪れてもポケットからすぐに出してシャッターを押せ、なおかつそこそこ綺麗な写真が撮れるという点はデジタル一眼レフではできないことなので、そこのところは私は重宝していますし機動力こそコンデジの最大の武器だということをCyber-shot DSC-RX100を使って痛感しました。

お勧めの使い方やその他のカメラは?

このCyber-shot DSC-RX100シリーズ、私はサブカメラとかセカンドカメラとして持つのがオススメですね。というのが価格なんです。最新の世代のCyber-shot DSC-RX100シリーズはRX100M5になるのですが、価格コムの最安値で10万をほんの少し切った値段です(執筆時)。それだけ払うのなら同じメーカーのSONYやキヤノン、NIKONのエントリークラスのデジタル一眼レフがレンズキット付きで買えます。勿論、個人の好みや撮影スタイルというものがあるでしょうから一概に言えることではありませんが、今からカメラを始めるんだという方には考えていただきたいのがCyber-shot DSC-RX100シリーズだと私は思います。操作性も手軽だし持ち運びも便利だし、いつでもポケットに入れてお供もできるし本当に良いカメラなんですよ。ただ10万という値段を払えるなら選択肢はかなり拡がるので再考の余地はありますよと言うことをお伝えして終わりにしたいと思います。

コメント