画像サイズを圧縮していたが・・・圧縮をやめました

スポンサーリンク

当サイトの写真はRAWデーターをJPEGに変換し、さらに画像サイズを減らしています。
RAWからJPEGに変換したそのままのサイズですとかなり大きいので、表示されるまでの時間が遅くなるので仕方なくリサイズしています。

ところがデーターを減らすということは画質が悪くなるというデメリットが生じてしまいます。そこで表示速度を取るか画質を取るかという選択肢になるわけです。できればどちらも上手く使えればいうことはないのですが、表示速度が速くて画質もそこそこというポイントを探すのがなかなか難しいというのが本音です。

私の場合は今まで表示速度重視で大きくサイズを減らした写真を載せていましたので、かなり画質が悪かったというのが正直なところです。

でもそのサイズを減らした写真を見るたびに、もう少し綺麗な写真で見てもらいたいなという思いが強くなり、今年に入ってからの写真は少しだけサイズを軽くした写真を載せるようにしました。

どれだけ違うのかというのを見ていただきたくて2つの例をご覧ください。

圧縮していない写真。11.960KB

Lightroomで80%に圧縮。4.169KB

Lightroomで20%に圧縮。669KB。空が波打ったような模様が出ているのが見えるでしょうか?

 

続いては別の写真で見ていきましょう。

圧縮していない写真。11.116KB

Lightroomで80%に圧縮。3.659KB

Lightroomで20%に圧縮。370KB。真ん中あたりの雲が上の2枚の写真より少し青っぽくなっています。

 

実のところ昨年までの写真は作例でいう一番下の20%に圧縮したものばかりを載せていました。空がまだら模様になったり、写真全体がシャキッとせずに眠たいようなものとか・・・。サイズが小さいので表示速度が少しでも早ければいいか!と写真に対して妥協していた部分がありました。でもこのような写真を見てもらうことがとても見苦しいと思うようになり、今までよりサイズを大きくしたものを載せていく予定です。

 

コメント