明石焼き!?玉子焼き!?

スポンサーリンク

新型コロナウイルスの感染者がフランスで確認されたということで、世界的に流行する兆しが見えてきました。
神戸にある南京町では中国式に旧暦で正月を祝う「春節祭」が24日開幕したのですが、新型コロナウイルスの影響が少なさそうならば今日行こうと思っていました。26日までやっているのですが、正直もんで素直な私は感染しやすいタイプ!!!かな??と自分で思ったりしていますので、念には念を入れて今年は諦めることにしました。

で、やってきたのが明石焼き(玉子焼き)を食べたくて自宅近くの明石にやってきました。

ちょうどお昼の時間帯でしたので、明石焼き(玉子焼き)のお店は並んでいるところもありました。事前にお店をリサーチしていたのですが、ぶらぶら歩いていて直感で良さそうだな!!と思うお店に飛び込んできました。

有名な魚の棚を歩いて新鮮な魚などを横目に見ながら明石焼きのお店を探して歩きます。

何軒かのお店がありましたが、私が選んだお店は明るくて入りやすそうなアットホームな感じのお店を選びました。
1人前15個入りの明石焼き(玉子焼き)です。ソースを付けてからだしにつけて食べるのが何とも言えない美味しさです。

上のほうに大きなタコが見えますか??

明石と言えば明石海峡大橋。
いつもは車で明石海峡大橋を通って、淡路島から徳島には幾度となく走りましたが、明石海峡大橋を下から見るのは初めてでした。
週間天気予報では当初は雨の予報でしたが、一昨日の予報から昨日と今日は晴れるというお天気に変わりましたので、一眼レフカメラを持って写真を撮ってきました。

まずはフルサイズ一眼レフ機と広角レンズで撮ったものから。

夢レンズ。

APS-Cサイズの一眼レフと望遠レンズで飛行機を。

RX-100で孫文記念館。

170度カメラのKeyMission170で。

コメント