キヤノンバッテリーパックLP-E6が充電できない

スポンサーリンク

まずは①オレンジ色の高速点滅、②フル充電しているのに残量表示が1になる場合の対処方法をこちらに記事にしていますので、その方法を実行してみてください。おそらく初めてに起きた場合の不具合なら解決できると思います。

私の場合は今回2回目の不具合になってしまいました。

それは突然やって来ました。

以前、上記2つと同じ不具合になってしまい、対処方法を実行すると改善され、その後は普通に使えていたのですが、今回ばかりは何回やっても復旧することができなくなってしまいました。

仕方がないので最後の砦であるキヤノンのお客様相談センターに電話(050-555-90002)をしてみました。

一通り不具合の説明をし、窓口の方に言われる通り復旧作業をしてみました(その内容は上記リンクの通りでした)。

私もこのトラブルは2回目なので、事前に復旧作業はしてみたものの改善されなかったので、お客様相談センターに電話をしてみたのですが、新しい対処方法は無かったということですね。

それで一番気になる最終的な結論はというと、トラブルのおきたバッテリーパックは使用不可能という結果になってしまいました。

このLP-E6は問題ありのバッテリーですから、この結果も致し方ない部分はありますが、本体やレンズのような精密機械ではない比較的単純なバッテリーの部分ですからね。正直なところ劣化ではないと思われますので、不安定さや早々の使用不可能になるのは納得いかないですね。

キヤノン純正バッテリーパックの値段は高いです。かといってネットなどで販売されているサードパーティ製は信頼性に問題はありますし、昨今に発売されたカメラでは純正バッテリーパック以外使用できない製品もあります。キヤノンとロゴが入った値段の高いバッテリーパックを、我々ユーザーは信頼して使うわけですから、このような単純な不具合は改善していただかないと困りますね。

キヤノンバッテリーパックLP-E6がフル充電なのにバッテリー残量表示が1になる時の対処方法
キヤノンバッテリーパックLP-E6での不具合 元々はキヤノン EOS 5D Mark III, EOS 5D Mark II, EOS 6D, EOS 7D, EOS 70D, EOS 60D, EOS 60Daに同梱されているバッテリー...

コメント