有馬温泉に行ってきました 風景編

スポンサーリンク

久しぶりに来た有馬温泉の温泉街を歩き、新たな発見をすることが出来、何とも言えない満足感を持ちながら宿へと向かったわけですが、帰路に着く頃には小雨が降ってきてどんよりとした空になってきました。
今回は風景的なものを紹介します。

有馬川に架かる赤い欄干の「ねね橋」。ねねは太閤秀吉の正妻です。有馬温泉を気に入っていた秀吉は、妻のねねや千利休などを連れてたびたび有馬を訪れていた。この少し南には赤い格子の太閤橋は、夜はライトアップされて温泉街を幻想的に見せてくれるます。

ちょっと鉄道に興味のある私は有馬温泉駅から発着する列車も撮影してきました。

 

ホテルの部屋から見える有馬温泉の街です。

 

やっぱり温泉に浸かってのんびりと過ごし、美味しいご馳走を食べて日頃の疲れを癒やすのはいいですね。こういう時間を作ってまた仕事も頑張って、そのご褒美にまた旅行に出かけようと思いますもんね。
2日間という時間でしたが、別の世界で過ごしたような感じで、とても楽しい有馬温泉でした。

 

コメント