嵯峨野トロッコ列車

スポンサーリンク

とうとう梅雨入りしてしまいました。

個人的にはジメジメしたこの季節は苦手なんです。皆さん梅雨が好きな人はあまり多くないと思うのですが、私自身はかなりの汗かきでして、普通の人よりも発汗量が多いので、動くというか活動していなくてもただ普通にくつろいでいるだけでも、ジワッと汗が出てくるのが嫌なんです。少しでも歩くようなことがあれば、ハンカチやタオルを持っていないと額から汗が落ちてくるんですよね。
梅雨入り早々ですが、早く梅雨明けしてもらいたいものです。

梅雨入りしたものの、その合間の晴れた日を利用して京都の嵯峨野トロッコ列車の撮影に行ってきました。
JRで保津峡駅まで行き、その周辺を歩いて3時間ほどウロウロしてきました。地理的に山間部をウロウロと歩いてきたわけなのですが、普段からの運動不足が如実に体力不足を露呈してしまい、暑さとジメジメも加わりかなり疲れてしまいました。

撮影は体力勝負ですね!!重たい機材をリュックに背負い山を歩くのですから、普段から時間があればウォーキングで体力強化に努めていると自分では思っているものの、いざ撮影地をウロウロしてみると、まだまだ撮影に耐えうるだけの体力はついていないな!と実感した一日でもありました。

嵯峨野トロッコ列車の撮影を終えてから、欲張りな私はもう1箇所立ち寄って撮影しようと企んでいましたが、かなりへとへとになってしまったので、もう1箇所の撮影は断念し自宅に帰ってしまったのでありました。

JR嵯峨野駅のホームから撮影。ここが嵯峨野トロッコ列車の定番ポイントですね。この駅で降りる人は殆どいません。今はオフシーズンだから少なかっただけかもしれませんが、桜や紅葉の季節は大変素晴らしいロケーションだと思います。ちなみに駅は無人駅です。

トロッコ保津峡駅に歩いて移動。そこから保津川下りの船に修学旅行生が乗って楽しそうにしていました。

トロッコ保津峡駅で撮影。亀岡方面に向かってきたトロッコ列車。京都は観光地ですからここでもチョンワー、チャンワーと大きな声で喋っている国の方々が大勢いらっしゃってました。

トロッコ保津峡駅で嵯峨方面に向かうトロッコ列車と右に見えるのが保津川。タイミングが良いと保津川下りの船と絡められます。

次回は桜と紅葉の季節に行きたいですね。世界が今回とは全く違うと思います。観光で訪れる人の数も違うと思いますし、カメラマンの数も違うでしょう。それよりも私の場合は撮影に耐えられるだけの体力強化に努めないといけませんね。日々精進です。

コメント