エアバンドを聞きたくて・・・

スポンサーリンク

近畿地方もそろそろ梅雨入りかというところまできてしまいました。
折角の休みだったのでお出かけをしようと楽しみにしていたのですが、お天気の方が良くありません。
なので、どこにカメラを持って出かけようか??と考え直してしまっていました。
晴れたら鉄道撮影に行こうと思っていたのですが、朝起きたら量こそ多くないものの、雨がしとしとと降っていましたので、行きたかった鉄道撮影は断念。

変わりに選んだのが伊丹空港です。
飛行機撮影の方こそ雨に振られると撮影に影響が出ますし、何よりも青空をバックに飛んでこそ飛行機の醍醐味なのですが、それには意味があって、、、
実は飛行機撮影には必須ともいえるエアバンドの受信機を新しいものに変えたので、テストがてら使ってみたかったので、どんよりとした空模様なのですが伊丹空港に行ってきました。

その受信機ですが発売は随分前のものになります。
ここ数年日本では無線はデジタル化してきています。ですが航空機に関しては今もアナログなんですね。
この航空機だけはアナログということについては、全世界共通になりますから直近にデジタルに変わるということはまず考えられません。
なのでそういった読みを考慮して受信機を買ったわけであります。

買った受信機はアルインコのDJ-X8Aという2万円もあれば変える機種です。名前の最後にAが着いていますが、エアバンドスペシャルのAですね。
エアバンドスペシャルとは、日本国内の空港や空で使われている周波数があらかじめインプットされた機種です。
ですからすぐに使うことができますね。

以前はアイコムのIC-R6というエアバンドでは評判の良い受信機を使っていましたが、テンキーがないのと違うメーカーも使ってみたいということからDJ-X8Aにしました。

両機を比較してみて感度はどちらも変わらないですね。伊丹空港の直ぐ側だから電波の拾い具合が良いからあまり参考にはならないですね。
また自宅で時間があるときにでもどちらの受信機も使ってみたいと思います。

撮影器具ではないのですが、エアバンド受信機という新しい機材を買いましたので、航空機撮影も復活してみようかとも思っています。

写真
スポンサーリンク
記憶に残そう

コメント